サチン・チョードリー氏が「東京オリンピックのある2020年までに外国人と英語でコミュニケーションを取ることができる日本人を100万人増やすという」という「プロジェクト2020」を立ち上げ、すでにそのプロジェクトが始まっています。

しかしなぜサチン・チョードリー氏がわざわざ日本でプロジェクト2020を立ち上げたのかについてはあまり語られていません。そこで今回はサチン・チョードリー氏と親交の深いAさんに直撃取材を行い、プロジェクト2020を立ち上げた理由を聞いてきました。そしてその理由に思わず感動してしまいました。それでは今回はサチン・チョードリー氏がプロジェクト2020を立ち上げた理由についてお話ししていきましょう。

サチンチョードリーの口コミ・評判って?経歴や実績を見た結果は!?
2019.7.18
プロジェクト2020という英会話を学ぶ前にさんをご存知でしょうか? 知らなかった方のために少しサチンチョードリーさんについて紹介してきます。 サチンチョードリーさんはプロジェクト2020という英語教材を手掛けている方であり、昔は日本語が話せなかったけどその壁を乗り越えて、今はプロジェクト2020の講...…
プロジェクト2020の評判や口コミって?実際に体験者の実績を見よう!
2019.7.17
ここ最近、英会話の中でも特に話題沸騰中である「」という英会話をご存知でしょうか? もし、知らなかったという方はです!! 国際英語を最短30日でマスター出来る学習方法があるのですが、で国際社会に通用する英会話をさんという凄い方が直接指導してくれます。 さらに、他の英会話教室にはないような楽しい英会話を...…

サチン・チョードリーがプロジェクト2020を発起した理由って?

サチン・チョードリーが何故プロジェクト2020を始めたのかですが、いくつか理由がございますので紹介していきます!

子供時代の苦労

サチン・チョードリー氏はもともとインド出身でした。

しかしお父さんの仕事の都合によって子供の頃に日本に連れてこられた過去があったそうです。

しかし日本語や英語を一生懸命に勉強しなければならない経験がサチン・チョードリー氏を自分の殻の中に引きこもらせる原因となってしまいました。

どれだけ勉強しても難しい日本語。しかもコミュニケーションも取れないから友達もできない。

周りに理解してもらえない。そんな不遇な子供時代を送ってきたそうなんです。

サチン・チョードリー氏は「その国の言葉を扱えることができない不自由さ」に子供時代から気づいていたわけです。

言葉を自由に使って自分の気持ちを表現できないことがどんなに辛いことか。

そしてその時の思いは後々のプロジェクト2020発起へと繋がっていくことになります。

日本への恩返し

しかしサチン・チョードリー氏は日本が嫌いにはならなかったのだそうです。

日本の美しい景色や優れた技術、そして周囲の人々の暖かさにご飯の美味しさ。

もちろんインドに帰りたいと思うことはありましたし、インドに帰国している時期もありました。

それでもなんとか日本に報いたい、大好きな日本へ恩返しをしたいという気持ちが湧き立ってきたそうです。

そのころのサチン・チョードリー氏はすでにバリバリのビジネスマンになっており、海外でも引っ張りだこのコンサルティング経営・マーケティングアドバイザーなどをしていました。

そこでサチン・チョードリー氏は自分のこのスキルをなんとか日本に返したいと思い始めたそうです。

そこでサチン・チョードリー氏は日本の大企業に対してコンサルティングを始めます。

日立やNEC、日産自動車やパナソニックなどといった日本が誇るべき大企業に対して、どのようにグローバルへ打って出るかという異文化戦略をアドバイスしていきます。

ちなみにパナソニックが経営危機となった時代、それを陰で支えたのはサチン・チョードリー氏なのだそうです。

また現在日産自動車とフランスの関係が悪くなってしまっていますが、サチン・チョードリー氏のサポートによってなんとか中をとり持たせているとも言います。

このようにサチン・チョードリー氏は自分のスキルを使って日本への恩返しを始めました。

日本に深く関わるにつれ様々な著名人・政治家・社長などがサチン・チョードリー氏の元に集い始めました。

以下は現在、サチン・チョードリー氏が友好関係を築いている人々です。

  1. 元ソニー会長 出井伸之氏
  2. 内閣総理大臣 安倍晋三氏
  3. 元内閣総理大臣 森喜朗氏
  4. 棋士 羽生善治氏

またお茶の間への露出・世間への認知度もどんどん上がっており、

  1. テレビ東京「カンブリア宮殿」
  2. 日本テレビ「NEWS ZERO」「news every」
  3. フジテレビ「なかよしテレビ」

などのメディア出演であったり、

  1. これからの時代のお金に強い人、弱い人
  2. 大富豪インド人のビリオネア思考
  3. インド人大富豪 成功の錬金術
  4. 頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく
  5. 世界のお金持ちがこっそり明かすお金が増える24の秘密
  6. 会話はインド人に学べ!
  7. 口ベタでも上手くいく人は、コレをやっている (フォレスト2545新書)
  8. 君なら勝者になれる

などの多数の著書の出版を精力的に行い始めました。

そこでサチン・チョードリー氏はあることに気づきました。

日本人のパワーをグローバルに

サチン・チョードリー氏が気づいたのは「日本人のパワーをグローバルに伝えるためには、世界共通語と言われる英語を日本人が喋れるようになることが必須なのではないか」ということです。

そしてついに生まれたのがプロジェクト2020なのです。

プロジェクト2020の特徴は以下の3点です。

  1. 世界共通言語と呼ばれる「グロービッシュ」を教授
  2. シンプルフレーズ英会話を採用
  3. 「外国人との英会話」に対する苦手意識を解決

グロービッシュとは、最も習得することに最適化された英語の完成形です。

  1. 中学校レベルの単語力しか必要ではないこと
  2. 中学校レベルの文法知識だけで使いこなすことができること

という2つの特徴を持っています。

またプロジェクト2020特有の「シンプルフレーズ英会話を採用している」というところが、プロジェクト2020の習得のしやすさをさらに引き立てています。

英語学習というと新たに英単語やフレーズを習得しなければならないというハードルがありますが、プロジェクト2020では中学校段階で学習した英単語・シンプルフレーズを使い回すだけで構わないという利点があるのです。

つまりすでに持っている英語の引き出しから英単語やフレーズを思い出すだけということです。

そし最後のポイント「外国人との英会話に対する苦手意識を解決」については次の見出しでご理解いただけるはずです。

プロジェクト2020の発起人サチン・チョードリー氏って!?気になる経歴・年収は!?
2019.7.10
によって英会話が出来るようになるプロジェクト2020の発起人である「」氏がどのような人物なのか、経歴や実績を踏まえて紹介していきます! 結論から述べますの、プロジェクト2020の発起人サチン・チョードリー氏はもの凄いということが分かるので、是非とも最後までお見逃しのないようご覧ください。 公式サイト...…

【全収録】サチン・チョードリーがプロジェクト2020で語った思い

サチン・チョードリー氏は日本に来た少年時代から言葉の壁で大変な苦労をしてきました。

自分なりに日本語の習得をしてもなかなか報われず、仕事を一生懸命にやっても怒られる。そんな毎日が続いていました。

毎日、毎日営業の仕事に行っては失敗する毎日で、苦労ばかりが積み重なる毎日。上司には仕事の資料を大量に渡されて、「営業資料を作れ」と命令されて徹夜続き。

そんな毎日の中で「インドに帰りたい」と考えるばかりでした。

そんな時にサチン・チョードリー氏はあることに気づいて、その状況が好転したのです。

それは「自分が日本語を喋れないから仕事も何もかもうまくいかないという心の壁」です。

無意識のうちに営業先でも仕事現場でも「自分は日本語が喋れない」というメンタルブロックが邪魔をして、人々と心から打ち解けることができないでいたのです。

そのことに気づいてからサチン・チョードリー氏は下手でも日本語を喋るようになりました。

すると辛かった状況は一瞬にして代わり、営業成績は伸び、周りはサチン・チョードリー氏のことを一目置くようになりました。

そう、もうお気づきかもしれません。

プロジェクト2020の最後の特徴とは「日本人が英語が喋れないというメンタルブロックを破壊する」ということなのです。

サチン・チョードリー氏のプロジェクト2020に対する思いをまとめると

日本人がグローバルに活躍するためにサチン・チョードリー氏はプロジェクト2020を発起しました。その意味が今回の記事でわかっていただけたと思います。英語を使って心から外国の人々と打ち解けることができるプロジェクト2020のグロービッシュ、あなたも手に入れませんか?

関連キーワード
プロジェクト2020の関連記事
  • 【プロジェクト2020】英語・口コミ・評判・サチン・値段・体験まとめ
  • 【社会人必見】日常英会話を勉強するならプロジェクト2020がオススメ
  • 【激白】サチン・チョードリーとプロジェクト2020の実態と評判
おすすめの記事